女子高生 制服

女子高生 制服お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

女子高生 制服

このページは「女子高生のブレザーの起源 」の情報コンテンツです。
女子高生 制服 > 女子高生のブレザーの起源

豆知識

女子高生のブレザーの起源

一昔前の女子高生の制服であるセーラー服に変わって、現代の女子高生の制服として非常に見ることの多くなったブレザー。セーラー服が水兵の制服だったのに対して、ブレザーはどこからはじまったのでしょうか?

ブレザーのはじまり

ブレザーにはダブルとシングルがありますが、まずはダブルのブレザーの誕生からお話しましょう。ダブルのブレザーは1837年、イギリスの軍艦であるブレザー号の乗組員がヴィクトリア女王の戴冠式に着用していたことが始まりと言われています。ブレザー号の乗組員が着ているジャケットで「ブレザー」というわけですね。ちなみに、この時のブレザーの色は紺ということを覚えておいてください。

炎のブレザー

次にシングルのブレザーです。日本で女子高生の制服として見るのはシングルタイプのブレザーですが、これは1877年にオックスフォード大学とケンブリッジ大学のボート対抗戦でケンブリッジ大学の選手が着用していたジャケットが始まりと言われいますが、何故これを「ブレザー」と呼ぶことになったのか。

それはそのジャケットが炎のように赤いジャケットであったことから「Blazer(炎)」と呼ばれたのですね。ちなみに、このシングルブレザーはもともとテニス用のジャケットから来ているとも呼ばれていて、元々そのジャケットの形は存在してたが、名称については真っ赤なジャケットの「Blazer(炎)」が印象深かったのでしょうね。

ブレザーの色

さて、私たち日本の女子高生が着ている制服のブレザーは何色でしょうか?学校によっては茶系のブレザーを制服に採用している所もありますが、だいたいは紺系ですね。これはダブルのブレザー発祥の色。でも、形はシングルのブレザーですね。さすがに制服に真っ赤なブレザーは取り入れられにくいですし、元々学生服は黒だったので紺のシングルブレザーが取り入れられやすかったんでしょうね、きっと。

女子高生 制服 激安通販